アルミナ材料の精製と分散により、材料の品質が向上します

超音波の作用下で、複合分散液の相対的なサイズは小さくなり、分布は均一になり、マトリックスと分散液の間の相互作用が増加し、適合性が増加します。

一部の材料では、超音波を加えると押出圧力が低下し、超音波の振幅が大きくなると気泡密度が高くなります。同時に、気泡が小さくなり、気泡のサイズと分布がより均一になります。これは、超音波が泡の核形成と泡の核の成長を促進できることを示しています。

特徴

大容量のプロ仕様の超音波生産ライン

理想的な分散効果、高コストパフォーマンス

dfsdsfdas(1)


投稿時間:2020年11月11日